スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加圧トレーニングの意義

2014.03.03 13:16|つぶやき
前回の記事に引続き、今回は『加圧トレーニング』で有効な効果についての発表をまとめさせていただきますね~o(^▽^)o

注意:シンポジウムは撮影や録画禁止なので、私がメモで書き連ねたものをまとめています。
過大評価にならないように、結論・結語を記載します。

①血中の活性酸素も減少傾向にある。

②骨代謝への改善が明らかになれば、ロコモティブ症候群の患者数減少に貢献できると考えられる。

③実験
◆被験者 平均年齢51.7歳男性 (n数聞き逃し。。。)
◆週1回加圧トレーニングを6ヶ月間実施
◆10分間加圧トレーニング後10分間有酸素運動
◆総コレステロール、中性脂肪、尿酸値、総タンパク有意に減少

④筋収縮による代謝分として、BDNF脳由来神経栄養因子有
脳機能改善、脳リハビリテーションへのアプローチ

⑤通常の高強度レジスタンストレーニング(筋力トレーニング)では、動脈壁硬化が起こってしまうことが以前から懸念されているが、
加圧トレーニングの場合、動脈壁は硬くならず血管内皮機能の回復改善が見られる。

以上。 その他にもたくさんの臨床データが出ているのですが、それに関しては私のメモも怪しいので、後々の論文などで照らし合わせて行きたいと思います。

運動上級者や美容系に特化している印象を持たれていた加圧トレーニングですが、本来の効果としてある【低負荷・短時間・短期間】へ立ち返れば、加圧トレーニングこそ高齢者や介護予防に最適のトレーニングなのではないかと改めて感じました。

私のサロンのお客様も、ご年配の方や運動初心者の方が殆どです。
長年継続されている方が多く、60歳代で月に2回を5年間欠かさずいらしてくれている方などは、日常生活のハリが違う‼といつもイキイキと生活されています。

加圧トレーニングはマンツーマンでの施術が規則なので、どうしても枠が限られてしまい新規の方を募集出来なかったのが悩みでしたが、4月から新しい加圧インストラクターのパートナーを得ました。

とっても信頼できる女性加圧インストラクターです。
募集などはまた詳しくアップしますね(*^^*)

新年度からまた気持ちを引き締めて、健康作りのサポートをして行きたいです。
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Yuko.Namiki

Author:Yuko.Namiki
Body Produce CLIMA主宰
  ●加圧トレーニング
●よもぎ蒸し
  ●ベビーマッサージ
  ●ピラティス 
【HP】http://www.bp-clima.com 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。