スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけの有意義さ

2014.05.17 07:50|ファミリー
何事にも『きっかけ』ってあると思いますが、我が家ではこの日が娘にとって大きな転機になりました。

それは那須りんどう湖ファミリーマラソン大会でした。

私と保育園ママ友は長年長距離選手だったので、初めて親子マラソンに出場してみようということになり、エントリーしました。

娘は、運動が得意ではなく競争心もないようなふんわりした子なので、途中泣かずに完走を目標に練習しました。

練習一日目で、本番と同じ2kmを悠々と走ったのに驚いた位でした。それから長距離の爽快さを感じたようで、積極的に練習に励みましたよう~♩

さあ、いよいよ本番です(*^^*)
緊張感もなく、一緒に走るお友達と遊んでました。


保育園で娘達と息子達両方一緒のクラスのママ友です~。私以外3児のママ♩美人さんです。



お揃いのスパッツでいざスタートです‼︎

すると、最初からピッチの早い娘。
「ゴールまでもたなくなるから、ゆっくりだよ~」との私の言葉に、「でも、負けたくないの‼︎」と初めて見せた闘争心。
「じゃあ、行けるところまで先に行ってイイよ~頑張れ」と、後ろから見守ろうとしたのが最後…。
その後私が追いつくことが出来ず、ゴールでママを待つ、かわいそうな女児にしてしまいましたσ(^_^;)

手を繋いでゴールしなくてはいけない親子マラソンに良くある光景で、『あれじゃ親の立場が無いよね…』って言ってたに、私がその残念な親になりました…(>_<)

ゴール前で娘が「ママ!早く早く!どんどん抜かされちゃうよー‼︎」と手招きしている姿は忘れられません。

これは私が遅すぎたのではなく、娘がかなりの好記録だったのですよ。


ゴール後、かなり追い込んで走った私は倒れこんでしまいましたが、なんだかテンションが上がっていました。

娘の記録が誇らしくなり、成長と才能を見つけてあげられた嬉しさでいっぱいになりました。


とちまるくんと一緒に♩
とちまるくんの顔がつぶされてる…


息子同士。なにやら語ってるようでした。

この親子マラソンを通して、本人も目標より早く走れたし、いつも威張ってるママに勝っちゃったので、大きな自身に繋がってその後の雰囲気がかなり逞しくなっています。

子供の成長の過程で競争心も必要だということを実感しました。

この後、一回も跳べなかった縄跳びは、あや跳び交差跳びまでマスターし、逆上がりも習得できました~(*^^*)

すごいぞ、せな~*\(^o^)/*



06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Yuko.Namiki

Author:Yuko.Namiki
Body Produce CLIMA主宰
  ●加圧トレーニング
●よもぎ蒸し
  ●ベビーマッサージ
  ●ピラティス 
【HP】http://www.bp-clima.com 

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。